井戸掘りで問題を解決出来る|まるごと改善組

作業員

相場で資金計画

目安となる価格

女性

温泉は温度が25度C以上であるか、25度C未満であっても19種類の物質のうちの1つ以上が基準値を越えていれば認められるようになっています。温泉開発では調査を行って掘削を行い、ポンプを設置して給湯を始め、その後維持管理を行って行きます。温泉開発の調査費は内容にもよりますが200万円から400万円かかり、掘削費用は岩が軟質の場合は深度1キロまでは4,200万円、深度1.5キロまでは5,800万円ぐらいかかります。岩が硬質の場合は深度1キロまでは5千2百万円、深度1.5キロ以内の場合は7,300万円ぐらいとなっています。温泉開発の維持管理費用は2年に1回行われるポンプ入替え費がそのポンプの設置深度を350メートルとした場合、200万から300万円かかります。その他に温泉開発では井戸の洗浄費がかかります。

温泉資源を活用しよう

温泉はその土地から湯が湧き出すところや入浴施設の備わったところをいう場合があります。その際火山のマグマを熱源とする場合とそれ以外のものがあります。利用の歴史は神話の時代から信仰の存在として語られて来ています。鎌倉時代頃になると医学的な活用として傷を負った武士などが保養のために訪れたとされています。江戸時代になると一般庶民も湯治を求めて現在のような入浴に近いものが出来上がって季節ごとに行っていました。19世紀末にボーリング技術が普及するようになり、明治時代以降温泉施設も出来て広く発展して行きました。湯治やレジャー、温泉卵や温泉泥など土地の特徴を活かした使われ方がなされるようになりました。温泉は川などに湯が沸いていればすぐにわかりますが、掘り当てるには調査も必要となります。