井戸掘りで問題を解決出来る|まるごと改善組

作業員

土地を有効活用する

温泉

環境改善もそうですが、使っていない土地も温泉開発を施すことでメリットが沢山得られます。その前にやっておきたい品質等のチェックもありますから、開発に向け早急に行動をしましょう。

読んでみよう

相場で資金計画

女性

新しく温泉開発をする場合は、前もって知っておきたい情報が山ほどあります。そのために使う資金も非常に高くなりますから、安易に決められないでしょう。周りとよく相談をして計画を練っていきます。

読んでみよう

メリットが豊富

水

近年、家庭や企業で工事が増えている井戸工事は、水道水のような毒素がないことで知られています。とてもピュアな水なので、飲料水に使うことも出来るでしょう。工事をするメリットは十分ありそうです。

読んでみよう

開発が出来る

温泉開発での注意すべき点

温泉

温泉は、地中から湧き出るお湯およびその貯まっている場所を示す言葉です。温泉といっても近年は、温泉開発が盛んに行われ、ボーリングなどを使って人工的に組み上げているものもあり、これらが人工の温泉なのに対して、自然に湧き出ている温泉に関しては天然温泉と呼ばれます。温泉開発の手順としては、実際に温泉が出る場所であるかを調査します。その上で管轄する自治体に掘削許可を申請しますが、このさいに自治体が拒否した場合には断念するしかありません。許可が降りた場合には掘削を行い、さらに温泉が湧き出れば動力設置申請を自治体に行い、組み上げを開始します。さらに温泉を利用するためには温泉利用許可を得る必要があります。このため、温泉開発においては条件の良いところでも最低5000万円は必要であり、施設などを含めると1億円前後の投資が必要になります。

温泉の種類と効果について

温泉開発でポイントとなるのがその泉質です。法律で定められた温泉法によれば、その水の温度と19種類の物質のうちどれか一種が基準以上含まれれば温泉とされます。温泉と定義される温水は25度以上であることで、これらは温泉と見做されます。一方で25度以下の場合には冷泉と呼ばれますが、溶存物質や遊離炭酸、リチウムイオン、ストロンチウムイオン、重炭酸ナトリウムなどの物質が一定基準、含まれていれば温泉という扱いになります。なお、温度の低い温泉の場合には温める必要があり、ランニングコストがかかります。一方で温泉はさら湯に比べて、一定の物質が含まれているため、効能表示をすることができ、単純泉でも神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果があります。

最近では。温泉開発のような特殊工事を依頼することが増えてきていますが、一般家庭などで井戸掘りを依頼するということも多くなっています。災害時に役に立つというメリットや、水道料金を減らすことなどへも繋がっていきます。